とりあえず気づいてよかった大切なこと

からだのことをお伝えする仕事をしてきて

特に大人の方を対象にレッスンさせてもらって

自分の中で気がついたことは

 

『健康のために生きることは無理だ』

 

ということです。

 

「健康になるために」足の指をほぐそう

「元気になるために」手の指を揉もう

「健康にならなくちゃいけないから」足裏を伸ばそう

 

そういう目的意識では

限界があると、そう気がつきました。

 

人間の生きる目的が「健康」にはなり得ない。

 

そういう大切な事実に気がつきました。

 

誰かに会いたいから

どこかに行きたいから

これをやりたいから

 

そういう【本人が望む目的】があってはじめて

 

じゃあ動けるからだになろうじゃないか

元気な身体になろうじゃないか

もっと歩けるようになろうじゃないか

 

じゃあ、毎日動かしましょか〜

と、なるんだと思うのです。

 

わたしがどこまでか頑張れば

健康がゴールでもいけるんじゃないかと

どこかで思い違いをしていた時期が

あるように思います

 

今は無くなりました。

ご本人が、どう生きたいか。

これが結局のところ

全てを決めると、

はっきりとそう気がついてます。

 

楽しく生きたい。

だから健康でありたい。

じゃあ動きましょう。

 

それが継続の力の源かなと

思います。