むにむに

こどもの頃、横に脚を開く開脚は得意でしたが、

前屈と、背屈と

前後に脚を開くスプリッツというストレッチが

とってもとってもとっても!!!!!苦手で

どう頑張っても出来なくて

解剖図を見たり、毎日ストレッチをして

やっとこさ出来るようになりました。

 

大人の方を対象にレッスンをしていて、

続けていけば誰でもある程度は出来るだろう

と、やってみたものの

大人はどうもそういうわけでもないらしい。

 

なんでか思ったような仕上がりにならないなー

なんでかな?

と、長年疑問を感じてきました。

 

それで、たどり着いた結論は

 

大人は

何と言っても

 

「腕が硬い!」

 

これに尽きました。

 

手首や脇の下が硬すぎてビックリしながら、

腕が柔らかくなるためのことを

ずーーーーーっと寄り道しながらやってきました。

 

その結果、ほぼ皆さん揃って

脇の下はムニムニに。

 

肋骨のサイドが硬い!

じゃあ柔らかくしようじゃないかと。

またいろんな寄り道をしながらレッスンをして

 

側筋たちもだいぶムニムニに。

そうなると、

呼吸もラクだし、動くのも美しい。

思うような動きができるようになりつつある。

 

そんな感じで、進んでおります。

ムニムニになると、若返るからなおいい。

 

バレエが上手になって欲しいし

もっといろんなステップができるようになって欲しい。

それは常の願いです。

 

でも、それと並行して

元気なからだで日常を楽しく生きて欲しい。

だから、どうしても寄り道が多くなります。

ステップをたくさん練習するよりも

からだの声を聞いてムニムニを優先してしまう。

 

10年かけて、だいぶ、

ムニムニにすることと

ステップを練習することの

バランスが取れてきたかなと思っています。

 

長年わたしのテーマである『背筋』を

これからムニムニにしたいなと

今も地味にいろんなことを考案して

みんなで進んでいます。

 

むにむにのからだ、最高だぜー!