ノストラダムスの大預言からしばらく経ちますが

わたしの知り合いに、1999年に「世界は滅びる」という内容で

ノストラダムスの預言を「信じていた人」が数名おります。

 

実際のところ、まだ現実の地球での生活は続いていて

その人たちもフツーに生活しているのですが、

いろんな話をしていくと、

途中からなんだか腑に落ちないことが多くなり、

よーく突き詰めると、

「ほんとは1999年でここからいなくなる予定だったからさ」

「だから今どーしていいかわからないわけよ」

「わからないまま、ずっと生きているんだよねー」

という本音に、いつもたどり着きます。

 

あー

だからこれといってやる気を起こすこともなく

かといって、好きなことはしておこーかなというスタンスで

責任を取ることはやめておいて

なんとなくのらりくらり過ごすかな

という態勢で生きているのか。

 

と、よくわからないけど

なぜか毎回納得してしまうんです。 

 

 そういう人、意外と多いんじゃないかなーと

この間思い出しました。

 

ちなみに、そういう人、キライじゃありません。

 おもしろい。もんね。