骨ワークショップその5無事に終わりました

今年最後の「骨のワークショップ」となりましたが、台風の影響もなく、無事に終えることができました。
事前に決めた日程を何事もなく行えることって、ありがたいことだなと、こころから思います。
参加いただいた皆さん、ありがとうございました。


今回のテーマは、主に頚椎と肩甲骨。
説明しているわたしも、一緒に学んで、骨のおもしろさに改めて気がついた次第です。

骨の回旋の仕組みを、紙ベースの解剖学視点と、骨の模型を使った3D的視点とから学んで頂くことで、自分のからだと、人のからだの中で骨がどこに存在しているかイメージしやすくできたんじゃないかと思います。

いつもレッスンでやっている動きも、骨を自分のからだの中に感じながら行うと、より動きが明確になるものです。
脳みそで理解するだけじゃなく、しっかりと、からだで「体感して」いただけたことが嬉しいです。


また来年も、いろんなところで、骨の仕組みや動きの研究をみなさんとしていきたいと思います。